導入事例

株式会社興徳クリーナー 様
工場の日常点検報告をアプリ化し、
年間400時間の業務を削減

ISO認証や行政の許認可に必要な現場データを
効率的に収集できる“ハブ”としてアプリを活用

株式会社興徳クリーナー

工場などから排出される廃アルカリ、廃酸の中和など、産業廃棄物の中間処理を行っている興徳クリーナー。設備の点検結果や臭気指数を記録する「工場日常点検」や夏期の熱中症予防のための「暑さ指数(WBGT)管理」など、現場の報告業務は紙で行っていた。しかし、紛失や破損などのリスクがある上、手書きの記入やファイリングが手間、せっかく蓄積した情報を役立てづらいなどの課題があった。そこでPlatioで紙の報告業務を最短1時間でアプリ化。報告や情報管理業務を効率化し、データ蓄積による分析や改善計画に役立てている。

株式会社興徳クリーナー

事例のポイント

「工場日常点検」や「暑さ指数管理」など紙で管理されていた報告について、Platioを使い最短1時間でアプリ化。年間400時間の業務効率化につながったほか、ISOや行政の許認可に必要な記録も効率的に行えるようになった。

課題・目的

  • ISO認証や行政の許認可に必要な項目も含め、毎日100項目以上の点検記録を紙で行っており手間
  • 紙の記録では、入力漏れや計算ミスが発生しやすくチェックに時間がかかる
  • データとして活用するために事務所で紙からExcelに転記する手間も発生
  • 記録内容の表現が人により異なり、分析や傾向把握のための取りまとめが大変

導入効果

  • 点検記録が約1時間から20分に短縮。約1時間かかっていた転記作業もなくなり、年間約400時間の業務を削減
  • 入力漏れ防止設定や自動計算によりミスや漏れのないデータが蓄積
  • アプリ活用で入力内容や表現が統一化、項目ごとの分析や傾向把握が容易に
  • データはCSV出力し、ISOや行政、経営陣への報告に活用。データに基づく改善計画の策定にも貢献

作成したアプリ画面

Platioアプリ画面

アプリ活用イメージ

作業現場からアプリで点検結果を報告
作業現場からアプリで点検結果を報告
計測機器を持ちながら手軽に情報入力
計測機器を持ちながら手軽に情報入力
オフラインでもアプリが使えるのでどこからでも報告できる
オフラインでもアプリが使えるので
どこからでも報告できる
紙の報告ではファイリングや報告書作成が大変だった
紙の報告ではファイリングや
取りまとめが大変だった

運用イメージ

Platio運用イメージ

選定ポイント

  • PCよりスマートフォンの方が身近な世代が増えており、モバイルアプリの方が現場で使いやすい
  • アプリ作成画面がわかりやすく、直感的な操作でアプリを作成できる
  • 日時の自動入力やリスト選択、入力候補の提示など、記録業務を効率化する機能が標準搭載されている

ユーザーのひと言

取締役 統括部長 営業部 業務部 片渕 一真 氏 業務部業務課安全管理推進センター 砂田 将吾 氏

これまで現場では何種類もの報告用紙を使い分けており、年間で膨大な量の紙を保管していました。見返すのも大変で、印刷やファイリングなどの手間もかかっていました。
Platioは、簡単なアプリなら1時間、複雜なものでも3日あれば作れるため、すぐに「脱紙」を実現できました。今では、困ったらまずPlatioでアプリ化できないかを考える「Platioファースト」が定着しており、検温&アルコールチェックやヒヤリハット、清掃報告アプリも作成し活用しています。
今後は、工場の様々な現場データを収集するハブとしてより多くの用途でPlatioを使いつつ、他のシステムと連携させてデータ活用の幅を広げていきたいと考えています。

取締役 統括部長 営業部 業務部 片渕 一真 氏(上)
業務部業務課安全管理推進センター 砂田 将吾 氏(下)

株式会社興徳クリーナー
所在地 大阪府岸和田市岸の丘町二丁目2番15号
会社概要 高度な技術力を駆使して産業廃棄物の中間処理を行う。世界の環境保全に貢献することを使命として掲げている。
設立 1970年6月
U R L https://www.kotoku-g.co.jp/
導入事例集

Platio導入事例集

Platioの導入事例をひとつにまとめました。小売業やサービス業、医療法人まで幅広い事例を掲載しています。導入背景や課題、どんなアプリを活用して効果を上げたのか、導入担当者の声も交えてご紹介しています。

「サービス」の関連事例

あなたの業務を 日でアプリに

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談