ブログ

ノーコードアプリが無料で作成できる!おすすめツール7選

ノーコードアプリ 無料

そもそもノーコード開発とは何か

ノーコード開発と、混同されやすいローコード開発について解説します。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とは、プログラミング言語でソースコードを書くことなくWebサービスやアプリを開発することです。事前に用意されている「機能」や「テンプレート」はすでに開発が終わった状態なので、それらを部品としてドラッグ&ドロップで組み合わせて開発を進めます。

プログラミングの知識がなくてもアプリの開発ができるので、非エンジニアでもアプリを作成することができます。また、ソースコードを書かないため、短時間で開発が可能でコストも抑えられる点もメリットです。

デメリットは、提供されている機能やテンプレートを利用するため、独自性の高いサービスやアプリの開発には不向きな点です。

ノーコード開発とローコード開発の違い

ローコード開発とは、必要最小限のソースコードを記述して開発を行うことです。ノーコード開発とは違い、多少のソースコードを記述する必要があるので、プログラミングやITに関する知識が必要となります。
そのため、ノーコードよりも少し複雑なWebサービスやアプリを作成することができます。

おすすめの無料ノーコードアプリ作成ツール7選

ノーコードアプリ作成ツールには、無料で利用できるサービスもあります。今回は、7つの製品の特徴についてご紹介します。

Adalo

Adaloは2018年に登場したアメリカのノーコード開発ツールです。すべてをクラウドで利用できるので、手軽にアプリが作れます。作れるアプリの種類は次の通りです。

  • Webアプリ
  • PWA(プログレッシブウェブアプリ)
  • ネイティブアプリ(アプリストアからダウンロードするもの)

ネイティブアプリも作れるので、アプリストアを使った配布が可能で社内業務用以外にも一般消費者向けのアプリの開発にも向いています。

Adaloの良い点は、直感的に操作できるUIです。使っているうちに操作方法が理解できます。また、テンプレートのデザインがおしゃれです。

気になる点としては、アプリ作成時の日本語表示が難しい点です。作成ツールが日本語非対応なだけではなく、パーツ内に日本語を表示させることも可能ではありますが難しいです。さらに、ネイティブアプリをリリースするためには有料プランの契約が必要になります。

Adaloについて詳しく知りたい方はこちら

Bubble

Bubbleは2012年に提供開始したニューヨーク発のサービスです。アカウントを登録すればWebアプリを作ることができ、全世界で25万人以上の利用者がいます。利用者が多いため、サードパーティー製や有料も含めてテンプレートは約400種、プラグインは1000種類以上あります。

無料プランでテストリリースは可能ですが、本番のリリースをするのなら有料プランの契約が必要になります。また、対応言語は2021年12月現在、英語のみとなっています。

使える機能も多く、ノーコードアプリ開発ツールとしては自由度が高いですが、その分、難易度が高くなるので初心者には難しく感じるかもしれません。

Bubbleについて詳しく知りたい方はこちら

AppSheet

2020年にGoogleに買収したことでも知られるAppSheetは、2014年にアメリカで設立されました。Googleのさまざまなツールと連携してアプリを作ることができます。

業務内容を10のカテゴリーに分け、それぞれに合ったサンプルアプリが数多く提供されているので、自社業務に合うものがあればすぐに使い始められます。もちろん、カスタマイズも可能です。

AppSheetは2021年12月現在、日本語非対応です。しかし、日本語のチュートリアル・ヘルプサイトを運営している会社があるため、英語がわからない人でも比較的使いやすいでしょう。

AppSheetについて詳しく知りたい方はこちら

Honeycode

Honeycodeは2020年に公開された、AWS(Amazon Web Services)の1つです。クラウドサービスの一部で、利用者はパソコンとインターネット環境さえあればアプリ開発ができます。

2021年12月現在、日本語非対応である点や、ベータ版としての提供なのでバグや不具合が報告されていると言うデメリットはありますが、エクセルやGoogleスプレッドシートなどを関数も含めて簡単にアプリ化できるのはメリットです。

Honeycodeについて詳しく知りたい方はこちら

Glide

GlideはPWAを作成できるツールです。GoogleスプレッドシートをDB(データベース)のようにして、アプリのデータを管理します。

テンプレートは無料のものだけでなく有料のものがあり数百種類から選べるのはメリットです。日本語には非対応ですが、アカウント登録後に見られる公式ホームページ内で動画を公開しているので、比較的使い方を把握しやすいです。

Airtable

AirtableはエクセルやGoogleスプレッドシートのようなデータベースを、より高機能に使いたい人におすすめのツールです。データベースを表やグラフのように見やすい形で表示することもできます。

ビジネスでさまざまなデータを取り扱う際のアプリを作りたい人におすすめのサービスです。

Power apps

Power appsはMicrosoftが提供するMicrosoft Power Platformという業務向けアプリケーションプラットフォームの一部として使えるサービスです。ノーコードだけでなくローコード開発も可能で、現場の従業員が作ったアプリを開発担当者がより使いやすいものにカスタマイズすることもできます。

Microsoftの他のツールと連携しやすいのが特徴で、大手企業や空港でもPower appsを使って作成したアプリが活躍しています。

その他業務効率化ができるノーコードツール

アプリ作成ツールではないのですが、業務効率化につながるノーコードツールを紹介します。

Zapier

ZapierはWebアプリ間のタスクの自動化ができるツールです。業務で繰り返し行うタスクを自動化できます。例えば、「添付ファイル付きのメールを受け取ったら、Dropboxにコピーし、Slackを使ってファイルの内容について知らせる」というようなことをツールを使って自動化が可能です。

連携のできるアプリは2,000種類以上あります。

docupilot

docupilotはさまざまなデータの蓄積から、ドキュメントを自動で作成するツールです。テンプレートを使って簡単に請求書や見積書を作ることも可能で、手間がかからなくなるだけでなく、ミスがなくなる点もメリットです。

低価格高品質でノーコードアプリを開発するなら「Platio」

platio

Platioは、ノーコードでモバイルアプリを作成できるツールです。
月額2万円~利用できます。ここまでに紹介した開発ツールは無料で使い始められるものですが、実際にアプリを使うには有料にする必要があるものや、無料プランで使える機能に制限があるものでした。そのため「もっと使いやすいアプリにしようとしたら、無料ではなく思ったよりも費用が掛かる…」という可能性があります。
Platioでは月額2万円~で複数のアプリを作成することが可能なため、アプリをこんな場面でも作成したいという時にも、お試し感覚でアプリ作成し、現場での運用にのせてみることも可能です。

Platioの料金詳細についてはこちら

30日間無料トライアルあり

Platioは30日間の無料トライアルが利用できるのもポイントです。ノーコード開発は短期間でアプリ作成ができるので、30日あれば実際の運用に合わせてアプリを作成し、使い勝手を確かめることもできます。

他の有料ツールはトライアル期間がないことも多いので、いきなり有料プランはハードルが高いと感じている人におすすめです。

100種以上のテンプレート

テンプレートは100種類以上あり、業種カテゴリーから選ぶことができます。自社業務に合ったアプリのテンプレートを使えば、簡単にモバイルアプリの作成が可能です。

日本語で簡単に作成できる

新しいツールを導入する際に日本語に対応しているかどうかは重要です。Platioは日本語対応製品のためよりわかりやすく簡単にアプリ作成が可能です。併せてサポートも日本語で対応することが出来るため、わからない点が出てきた時にはサポートを活用しながら、使い勝手の良いアプリが作成できます。

Platio導入事例集はこちら

まとめ

ノーコード開発とはプログラミング不要でアプリやWebページを開発することです。無料で使い始められるツールも多く、初めてノーコード開発でアプリを作る人も手軽に始められます。

選び方には、料金・日本語対応・トライアルの有無など様々な面がありますが、それぞれの特徴を見たうえで一番自社にあったツールを選ぶことがおすすめです。また開発のしやすさだけではなく、現場で活用をしていく中でも、修正したい点があった時にすぐに直すことが出来るかなど、運用のしやすさなども考慮しながら最適なツールを選びましょう。

ノーコードアプリ開発ツールに関してより詳しく知りたい方は、是非こちらのページをご覧ください。

 

Platio編集部 最終責任者:中野

著者画像 中野

2013年にアステリアに入社。制作からディレクションなどPlatioのWEB関連を担当をしています。

           

Platio体験セミナー

モバイルアプリ作成体験セミナー

あなたの業務を 日でアプリに

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談