最新情報

Platioで社内コミュニケーション活性化
〜社内イベントアプリ編〜

こんにちは、Platioブログ担当です✨

先日、弊社社長の平野が企画した社内ワイン会〜ワインの夕べ🍷〜に参加し、泡から軽めの白、重めの赤までなんと9種類ものワインを楽しみました😊

社内ワイン会

この社内イベントではPlatioで作った「社内イベントアプリ」が大活躍❗
「社内イベントアプリ」は企画の通知から出欠確認、開催報告までできるアプリとして作成しました。

インフォテリアの社内では色々なイベントが企画・開催されており、元々は社内全体にメールで参加を呼びかけていたのですが、見逃されてしまったり、返信が漏れてしまうことでせっかくの楽しいイベントに参加できないという課題がありました💦

そこで、「社内のイベントを一括管理できるアプリが欲しい!」という声に応えるべく、モバイルアプリ作成ツール「Platio」チームが立ち上がったのです!!

本記事では、前半で「社内イベントアプリ」をどんな風に使っているのか、後半でアプリ活用による3つの効果をご紹介します💁

まずは前半として「社内イベントアプリ」についてご紹介します。

Platio「社内イベントミニアプリ」

こちらが「社内イベントミニアプリ」のトップであるイベント一覧画面。開催する/された様々なイベント情報をざっと閲覧することができます♪
日付順で並び替えることもできるので、最新のイベントはどんなものがあるかもササッと確認できます。

この一覧画面の右下にある「+」ボタンで新規イベントレコードを作成することができます。

では早速、イベントレコードを作成していきましょう✨
イベント企画者は、社内イベントの開催予定や、部内イベント開催レポートなど、イベントに関するお知らせがあればPlatioの「社内イベントアプリ」にレコードを作成するだけです✎

基本は上から順に項目を入力していくだけの簡単な作業でレコード作成は完了です⭐
「これから開催する」フィールドのスイッチをオンにすると、レコード登録時に社内チャットツール(Slack)に通知が飛ぶようにもなっており、スムーズにイベント情報を社内全員に共有できます✌

Platio「社内イベントミニアプリ」

イベントを登録すると、社内チャットツールへこの様に通知されます🐼
登録されたイベント情報はアプリ側だけでなく、ブラウザからも確認できます。

Platio「社内イベントミニアプリ」ブラウザ通知

イベント参加の有無は、同じくPlatioアプリで登録ができます。
参加者はリストから参加有無を選んで保存するだけです😉
※あとから感想コメントを登録することもできます❗

Platio「社内イベントミニアプリ」

企画者は参加状況をPlatioで閲覧できるので、誰が出席予定かをタイムリーに把握できます。
(開始前の最終出欠確認もモバイルで手軽にできるのもメリットですね✨)

また、当日の写真や動画を手軽に追加し、開催レポートもすぐに共有することができます。翌日になると「ちょっと手間だな…」なんて感じる開催報告も、写真を登録するだけなのでスムーズです👍

Platio「社内イベントミニアプリ」

実際に、「社内イベントアプリ」を活用してみると様々なメリットがありました。

メリット1 :社内イベントの情報を見逃さない!

今までメールだとイベント情報を見逃してしまうことがあり、あとで見つけようと思ってもメールが見つからなかったりしましたが、社内イベントに特化したアプリを作成したことで、アプリを開くだけで社内イベントを一覧で確認できるようになりました。最近のイベントを確認したいときに、簡単に見つけられます。

メリット2:出欠管理が楽!

参加者サイド:参加予定をアプリでほぼワンタップで簡単に登録できる様になりました。(メールだと、文字打つのもおっくうな時もあるので…)

企画者サイド:参加予定の一覧を手軽に閲覧できるので、誰が参加するのかを都度管理する手間がなくなりました。(メールでの参加表明などでは見逃すこともあり、管理のストレスからも開放されました。)

メリット3:社内コミュニケーションが活性化した!

どんな社内イベントが、いつ開催されているのか、社内の認知度が向上したため、イベントについての質問やアドバイス、開催後のコメントなど、多くの社員が直接交流を図っている姿が見受けられました。また、開催レポートの共有により、「楽しそうだったので、今回は行けなかったけど次回こそ!」といったイベント継続を望む声もあり、社内イベントそのものの活性化にも繋がりました。

今回、社内の声を受けて作成したこの「社内イベントアプリ」、ちょっとした情報共有を目的としたアプリでしたが、プラスアルファの効果が得られました🙌
この様に、ちょっとした情報共有にPlatioを活用してみるのはいかがでしょうか。

PlatioアプリはWebブラウザ上で、簡単な設定だけで作れるため、プログラミングの知識がない方でも気軽に活用いただけます。

実際に、どれだけ手軽にアプリが作れるか体験できるセミナーもご用意しておりますので、興味をお持ちの方はぜひ一度参加してみてください。

Platio体験セミナー