最新情報

Platio Studio アップデート

  • ログイン画面で組織名とメンバー名を別々に入力できるようにしました。
  • Web APIの実行回数を「開発者向け情報」ページの末尾に表示するようにしました。
  • 現在のデータ使用容量を表示できるようになりました。プレート一覧ページの右上のバーガーメニュー(横三本線)をクリックし、「使用量を確認」を選択してください。
  • Platio APIにおいてサーバーにデータが保存された時刻での検索に対応しました。詳細は、こちらをご覧ください。
  • その他、細かな修正を行いました。
 

新着記事