最新情報

プレートのインポート・エクスポート

2018年7月1日のアップデートでプレートのインポート・エクスポート機能が追加されました。
非常に便利な追加機能となりますので、ご紹介いたします。

概要

  • ミニアプリが構築されたプレートをplateArchive形式で保存する事ができます。
  • プレートのバックアップとしても利用可能です。
  • インポート時に新しいプレートとして作成されますので、ユーザー、権限設定、Webhook、開発者情報などは改めて設定する必要があります。

利用方法

プレートのエクスポート

エクスポートしたいプレートのメニューを開き、エクスポートをクリックします。

plateArchiveファイルを保存します。

プレートのインポート

プレート一覧画面で「プレートをインポート」をクリックし、インポートダイアログを開きます。

参照をクリックし、plateArchiveファイルを選択してインポートします。

選択したplateArchiveファイルに従って、新しくプレートが作られます。

デプロイ、ユーザーを作成する事ですぐに利用できます。

活用方法

  • プレートを作成しエクスポートしておく事で、テンプレート的に展開する事が可能になります。
  • 大きな変更をかける前にプレートをバックアップする事が可能です。
  • 組織を跨いでもインポートする事が可能なので、Platioを使ったサービス展開が、より容易になります。