最新情報

Platio Studio アップデート

  • プレートアーカイブにより既存のプレートを置き換える機能を追加しました。バックアップからの復元や、開発プレートで作成したプレートをエクスポートし、本番へ反映させるなどの使い方が可能です。
  • Platio URLに新規レコード作成を指定してPlatioアプリを開く機能を追加しました。(新規に作成またはインポートしたプレートのみ)
  • バーコードをスキャンしてレコードを作成するシーンを追加しました。(新規に作成またはインポートしたプレートのみ)
  • 式テンプレートでフィールドIDリストから選択した際に、必要に応じて「${}」でIDを括って挿入するようにしました。
  • レコード選択フィールドの選択先に「テキスト生成」「数値計算」「通貨計算」フィールドが選択できるようになりました。
  • 検知の条件で「等しい」が動作していなかったのを修正しました。設定済みの場合は再設定する事で反映されます。
  • 説明付き選択フィールドを追加しました。選択肢にラベルを設定する事ができ、アプリ利用者が選択しやすいリストを作る事ができます。
  • メール送信(ユーザー)フィールドを追加しました。(複数の)ユーザーをメール送信先として選択して送る事ができます。
  • 集計カテゴリに最新日付フィールドを追加しました。
  • メール送信フィールドにメールを送信するかどうかを指定するスイッチフィールドを設定できるようにしました。
  • メール送信、メール送信(ユーザー)、プッシュ通知フィールドにメールを送信するかどうかを式で指定できるようになりました。
  • 幾つかの細かい問題を修正しました。