最新情報

Platio Studio アップデート

  • 参照フィールドで、バーコードやQRコードを読み込んで値を選択できるようになりました。
  • 複数テキスト選択、複数数値選択、複数ユーザー選択の初期値を参照で設定する際の対象フィールドで、単一のテキスト、数値、ユーザーを指定できるようになりました。
  • フィールドの設定で必須プロパティに必須マーク「*」が付くようになりました。
  • メールアドレス入力時、不正な形式が入る事があった問題を修正しました。
  • Webhookのログで「警告」「情報」レベルのログを表示するようにしました。
  • レコード削除時のWebhookによる外部送出データに、createdBy, createdAt, updatedBy, updatedAt, deletedBy, deletedAtの情報を追加しました。